よくある質問

Q1)母乳で育てるコツはなんですか?
赤ちゃんがほしがったら何度でも授乳することです。
新生児期の授乳間隔は3時間といわれていますが、それはミルクの消化時間に合わせたものです。母乳の場合、ミルクよりも消化が良いため、1.5~2時間毎の授乳が適しているといわれています。もちろん、一度にたくさんのめない赤ちゃんもいるため、2時間たたないうちにほしがることもあると思います。その度に授乳することが大切です。
授乳することで、おっぱいの量が増え、おかあさんの子宮の収縮を助けます。
Q2)おっぱいが足りているか心配です。
「赤ちゃんが泣いてばかりいる」「のんで1時間もしないのに泣く」「のんだ量がわからない」「おっぱいが張らない」など不安に感じることがあると思います。でも、もしかするとそれは母乳不足と感じているだけかもしれません。
おっぱいが足りているかどうかは、のんだ量、おしっこの量、それぞれの回数などで判断します。
そうした中、ついつい「数字」にとらわれがちですが、赤ちゃんの様子を見ることも忘れずに。
赤ちゃんの顔色や肌のつや、抱っこして重くなってきたと感じるか、機嫌がよいか、しっかりくわえてのんでいるかなどを見ることも大事です。
Q3)上手くくわえられません…。
赤ちゃんがおっぱいをのむ時、おかあさんの乳頭、乳輪が硬いままだとすべってしまい、上手くくわえられません。またくわえ方が浅かったり、長時間くわえるとキズも出来やすくなります。
そんな時は手当てをして、乳頭や乳輪を柔らかくすると、痛むことなく、くわえやすくなります。
また乳頭が短かったり、陥没している場合でも、根気よく手当てをすればのめる可能性はあります。
Q4)おっぱいがパンパンでつらいです…。
授乳間隔が3時間以上あいていたり、1回の授乳が片方のみで終わっていたりしていませんか?左右5分ずつを1クールとして、2クール授乳の方が、片方10分よりたくさんのめます。
おっぱいが出過ぎている場合は、左右1~2分1クールの方が良い場合もあります。
また、おかあさんが、油っこいもの、甘いもの、動物性のものを食べ過ぎていませんか?お米と野菜中心の食事にすると、あっさりした甘味のある美味しいおっぱいになり、赤ちゃんものんでくれるようになります。
Q5)アトピーが心配です。
同じものを続けてたくさん食べていませんか?大好きだから、健康に良いからとよく食べているものは要注意です。


※もちろん上記以外のご相談もお待ちしております。まずはお気軽にご連絡ください。

TEL 0564-25-4193